あなたは人生物語を語っている/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士成功心理100

Lesson 62. あなたは人生物語を語っている

 

私たちの内面の奥深くには「人生脚本」が存在します。この人生脚本とは、私たちが自分や他者に対して語る「私の人生物語」のことです。私たちは神話作家気取りで、自分の今の人生を架空の物語に仕立てようとしているのです。通常、「人生物語」に関わる私たちの魂や無意識の部分は隠れているものです。にもかかわらず、それらは私たちの人生の出来事に大きな影響を及ぼします。この「人生物語」こそ、私たちの人生の質や成功の度合いを決める、非常に重要な要素なのです。

「自分の人生はこうあるべきだ」こんな気持ちに駆られて、あなたはどのような人生物語を書いているでしょうか? このことをよく考えてみてほしいのです。その中には、否定的な物語と肯定的な物語のどちらが多いでしょうか?    もし前者の方が多ければ、あなたはそれらを埋め合わせようとするかもしれま せん。でもそうすることで、あなたの人生には死んだような状態やハードワーク(重労働)が延々ともたらされてしまうのです。そんなことになれば、ほとんど報酬などもらえないか、まったくの無報酬になってしまうでしょう。自分自身の物語から我が身を守るためだけに、あなたはすべてのエネルギーを使い果たしてしまうのです。

少し時間をとり、次のことを考えてみてください。もしあなたの人生が成功に関する映画だとしたら、その映画にどんなタイトルをつけますか?

あなたの人生物語は、あなたの望みどおりの成功をもたらしていますか? もし今の物語が気に入らないなら、それを変えてしまうことが可能です。

エゴが激し<煽動するほど、あなたは否定的な人生物語の「見えない部分」に依存するようになってしまいます。でも、ひとたびそれらの部分を把握すれば別の選択ができるのです。もし成功に関する自分の映画が気に入らなければ、それを手放しましょう。思い切ってそれを変えてしまえばいいのです!

ここでもう一度、こう自問してみてください。「私は自分の成功に関する映画に、どんなタイトルをつけるだろうか?」

もしその新しいタイトルが気に入らないなら、それを手放してしまいましょう。本当に満足できるまで、成功(または成功不足)に関する物語を何度でも手放すのです。そしてその物語を自分の中に取り入れましょう。これはあなたの人生にほかなりません。だからこそどんな人生を選ぶか、どんな人生物語を書くかをあなた自身の手で選ぶことができるのです。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF