今にしているものこそ、求めているものである/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士成功心理100

Lesson 35.  今にしているものこそ、求めているものである

この原則を奇妙に感じた人もいるかもしれません。しかし、私は今までこの潜在意識の原則を幾度となく活用してきました。だから自信を持ってこう断言できます。「これは絶対的な真実である」と。

今私たちが手にしているものこそ、私たちが求めているものにほかなりません。

たしかに、私たちは対処したくない情報や問題を否定したり、自分自身から切り離して考えたり、抑えつけたりすることができます。しかし、これまで30年以上も深層心理の研究に携わる間に、私はこの原則がくり返し表れるのを目の当たりにしてきました。そう、私たちは皆、間違った選択をしたのです。そしてあとになって、「これでは幸せになれない」とその選択を後悔しているのです。

もう一度、 この原則をよく吟味してみてください。

「今私たちが手にしているものこそ、私たちが求めているものである」

もし人生が愛や成功に恵まれていないなら、何らかの偽の見返りが隠されている証拠です。その種の偽の見返りは私たちの成功よりもむしろ、私たちのエゴを支援してしまうものなのです。一般的に、 エゴは浸り込み、 特別扱い、 競争、 自立、 分離、あるいは、あるニーズを満たすといった形の見返りを用意しています。でも実際のところ、この種の偽の見返りは私たちを被害者にしたり、激しく傷つけてしまうものにほかなりません。これらにより、私たちは犠牲に導かれ、受け取ることを拒否し、 優越感と劣等感の悪循環にはまりこむことになります。 エゴを溶かしてくれる自信や親密感、成功、喜び、平等からますます遠ざかってしまうのです。

エゴ はコントロールを望んでいます。エゴ は私たち自身や他人を攻撃したがっているのです。 エゴ の望みは、私たちが自意識にとらわれ、流れから外れてしまうことにほかなりません。エゴ は愛、喜び、創造性に対処できず、あらゆる種類の罠や遅れ、注意散漫、陰謀へ投費をしてしまいます。
今日は、 エゴ との契約を破棄しましょう。その契約による悪しき態度が、あなたを本物の人生から遠ざけてしまっているのです。自分のハイアーマインドを選んでください。真実と創造性に投資するのです。あなたの人生に否定的な分野、あるいは成功が足りない分野があれば、心の力を振り絞って何度もこう唱え続けましょう。

「これは私にとっての真実ではない。私は真実を求めている。私は自分に対する神の意思を望んでいる。その神の意思こそ、私を完全に幸せにしてくれるものだと知っているからだ。私はここで意識的に、 エゴ の偽の見返りを手放すことにコミットしよう。その偽の見返りにより、私が幸せを手にすることは断じてない。私が求めているのは真実だ。私は自分自身のために成功と幸せを選ぶ。私は喜んで変化を受け入れ、その変化をスムーズなものにしよう。私は愛を選ぶ。私は喜びを選ぶ。そして私は成功を選びとるのだ」

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF