人間関係で成功する18の法則その8柔軟性をもつ

自分にも人にもハードルのように期待をかけると、ストレスを高めたり失望につながる一因になります。ある過程までは完璧にすることは必要ですが、リーダーが完璧主義だと部下は窮屈に感じることもあるでしょう。自分のやり方や正しさ、完璧主義にこだわるより、柔軟性を持つことで人間関係が円滑になり、ストレスやフラストレーションも癒されます。柔軟性を高めるエクササイズもご紹介します。

柔軟性は「自分のやり方や正しさに執着しない」ということ

柔軟性とは、あなたが周りや自分に対して持っている期待や執着、こだわり、完璧主義などを手放して自由になっていくことです。

「こうでなければ認めない」というストレス

たとえば、あなたが人に期待をすると、いつか裏切られます。
期待というのは、たとえそれを満たしたとしても、ハードルがあがっていきますから、もっと期待をしていくのです。
期待は時限爆弾のようなもので、あなたが大切な人に対して期待をすると、期待に応えてくれなかった、裏切った、という悲しい体験、不幸な体験を作り出し、いつか爆発します。

完璧主義は、ある過程までは完璧にやるのはとても大切ですが、それに執着してしまうと、自分に対してストレスを溜めます。
自分が完璧にできないと、あなたは自分を攻撃するでしょう。あるいは、完璧にできないことはやらないというのは、究極な完璧主義です。
あなたがリーダーシップを取ったときに、人に完璧を求めた場合、あなたのチームや部下は、とても窮屈な思いをします。

こだわりを手放して柔軟性をもつ

期待、しがみつき、執着、こだわり、完璧主義、これを手放して自由になると、あなたの柔軟性が高くなっていきます。
こだわりを持っていると、一見非常にパーソナリティがしっかりしていて、魅力的に感じます。
しかし、こだわりを持つことによって、あなたは喜びや幸せを感じるかもしれませんが、まわりの人は、そのこだわりに合わせていかなければならないので大変です。

パートナーシップを取るときには、そのこだわりが対立を生み出してしまいます。お互いがこだわりにしがみつくと、頑固になり、あなたの大切な人を遠ざけてしまうのです。

「ガンコおやじの店」の例

ガンコおやじのこだわりの日本料理として有名な小料理屋があります。1日15人限定のお任せ料理のみ、たとえ一人分でも増やすことはないという徹底ぶりです。

ある日、常連客同士が連れ立ってそのお店で食事をしていると、大阪の友人が突然会いに来ました。料理はすでに完売しています。お酒は注文できるので一緒に飲み始めましたが、友人はお腹が空いていたので、とうとう店主に声をかけました。
店内の他のお客たちは静まり返り、張り詰めた空気が流れました。

そのとき、おやじさんは友人に近くの青果店で材料を買って来るよう頼んだのです。
後で店主にお礼を言うと「オレはガンコだと思われているけど、お客に喜んでもらうことにこだわっている。俺1人でこの店をやって、お客が満足できるサービスを出せるのは、長年の経験から15人までなんだよ。でも、あんなに喜んでくれて俺もうれしかったな」

ガンコな料理人と思われがちですが、一流の人は、柔軟性があります。柔軟性のないこだわりは、ただの自分勝手なのです。
人が柔軟性を発揮しているとき、人間関係に喜びと潤いをもたらします。

心理検査で能力を測ってみよう

今のあなたの心の能力がわかるMFB検査の簡易版です。検査結果では、心の成長に大切な18の要素の中で、あなたの強みになる要素と伸ばした方が良い要素がわかります。

心理検査の受け方その1 オンラインで受ける

心理検査の受け方その2 冊子で受ける

冊子『心が見える!才能がわかる!心理検査の本』をダウンロードいただくと、掲載している心理検査を受けて自己採点できます。

 

★ 柔軟性が高いと・・・

柔軟性があると、期待、こだわり、完璧主義を手放すことができます。期待とこだわり、完璧主義を人に押しつけてもいずれ失望するでしょう。
失望はあなたの大きなストレスになりますが、柔軟性はあなたをつらいストレスから自由にしてくれます。これまでしがみついてきたものを手放し、柔軟性を持てば、人生に新しい流れと進歩が生まれるのです。
柔軟性を持っていると人生が魅力的になります。
こだわりや執着を手放すことによって、逆説的ですがあなたが本当に欲しいもの、状況を受け取ることができるようになります。
そして柔軟性はフラストレーションを癒し、人生に楽しさをもたらしてくれるのです。

★    柔軟性が低いと・・・

期待、こだわり、完璧主義に執着するようになります。
しかし、期待、こだわり、完璧主義は、自分に対しても相手に対してもいずれは失望することになります。
たとえば、期待は一度達成されても満足することなく、より高い期待へと移行するだけです。これが大きなストレスの原因になります。何かに執着すれば常に失望、欲求不満をもたらし、自分は報われないという感覚をもたらすのです。
執着から何かにしがみつくことは、まわりからみればガンコな態度となり、魅力的な存在ではなくなります。ガンコさは幸せを遠ざけてしまうのです。

柔軟性を高めるエクササイズ

  1. あなたが人生でこだわっていること、執着していることは何でしょうか?書き出してみましょう。
    人間関係に関して
    パートナーに関して
    仕事に関して
    お金に関して
    健康に関して
  2. そのこだわりや執着していることが、あなた自身とあなたのまわりの人々を幸せにするでしょうか?
  3. 幸せにしないことには柔軟性を与えてみましょう。
    こだわりをやめて自由になりましょう。ガンコおやじの例では…
    A) お客様に自分の最高のサービスをする。
    B) 1日15人のお客様以外には、絶対にサービスをしない。A)を選択し、B)の「絶対にサービスをしない」を、「1日15人のお客様にサービスをする」としたら、より柔軟に自由になるでしょう。

関連記事 幸せな人生のために人間関係で成功する18の法則