失うことを怖れる/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士成功心理100

Lesson 64.  失うことを怖れる

 

「人は成功すると何かを失うことになる」ー潜在意識を詳細に調べると、多くの人びとがこんな誤った概念を抱いていることがわかります。この概念により、成功がまった<魅力のないもののように思えてしまうのです。実際、成功者以外の人びとの直観に問いかけると、彼らのほぼ全員がこんな怖れを口にします。「もし成功したら、何かを失ってしまいそうな気がするんだ」と。

では、人びとは成功したら何を失うと考えているのでしょうか? 代表的な答えは、「自分の人生」「伴侶」「人生の意味」「生きる理由」「人生における挑戦」「優位な立場」「やる気」「夢」「健康」などです。

もしこのことを自分の意識で考えてしまうと、こんな結論に達することになります。「もしこれらを失えば、それ以上のもので置き換えることはできない。それでは成功が成功でなくなってしまう」 ーしかし、成功は成功です。この事実は変えようがありません。この喪失に対する怖れを ー掃すれば、自信を持って前進し、「自分は成功に値する人間だ」と確信することができるのです。

次にあげる質問を自分に問いかけ、その答えをじっくりと吟味してください。

(1)もしわかるとしたら、私は成功によって何を失うことを怖れているのだろう?

(2)もしわかるとしたら、私は成功によって何を失うことを怖れているのだろう?

(3)もしわかるとしたら、私は成功によって何を失うことを怖れているのだろう?

(4)もしわかるとしたら、私は成功によって何を失うことを怖れているのだろう?

(5)もしわかるとしたら、私は成功によって何を失うことを怖れているのだろう?

これらの答えのうち、「馬鹿げた怖れ」として簡単に手放せるものはすぐに手放してください。残りの答えはすべて、あなたのハイアーマインド(創造的なマインド)に委ね、一掃 してもらいましょう。その代わりに、成功に関するあなたの肯定的信念 /観念を選ぶのです。あなたにとっての成功とは何か、肯定的に5つ答えてみてください。

(1)成功とは(      )である。

(2)成功とは(      )である。

(3)成功とは(      )である。

(4)成功とは(      )である。

(5)成功とは(      )である。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF