破壊者の陰謀を癒す ①/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士成功心理100

Lesson 56.  破壊者の陰謀を癒す ①

 

「破壊者の陰謀」とは、私たちの成功を直ちに破壊してしまう陰謀のことです。一般的に、この種の破壊行為が起きるのは、私たちが自らの人生を築き上げた場合、あるいは仕事面で新たなレベルの成功へ到達した場合、もしくは今まさに到達しようとしている場合が考えられます。もし突然すべてが崩壊してしまったら、それは「少なくともひとつ、破壊者の陰謀がはたらいた」という確かなサインにほかなりません。

私は今でも、はじめて「破壊者」について書いた日のことをよく覚えています。それは1988年のことでした。私はその執筆作業を終えるとすぐに車で山道を下り、旅行業者に会いにホノルルへ向かいました。ところがその道中、「破壊者」のことが片時も頭から離れません。私はどういうわけか、誰かから「それについて明かしてはいけない」と警告されているような気分、言い換えれば、自分がこれからタブーを破ろうとしているかのような気分に襲われていたのです。

ホノルルに到着した私は、10分でチケットを受けとる算段で、道路脇のコイン・パーキングに車を停めました。ところが、運悪く担当者は電話中でした。おまけに、チケットにも不備が見つかりました。結局、私はその旅行代理店に35分間も足止めを食らってしまったのです。急いで戻ってみると、料金切れとなった私の車はすでにレッカー移動されたあとでした。

旅行業者の厚意でレッカー先まで送ってもらった私は、違反切符とレッカー代の支払いを済ませました。そのあと帰宅する車の中で、私は強くこう確信していたのです。「私は今、何かとても重要な時期にさしかかっているに違いない」と。

「破壊者」とは、積み木を組み立てても結局崩してしまう子供のような存在と言えるでしょう。とはいえ、「子供の積み木」と「キャリア、人生、人間関係」とではその重みがまったく違います。これまでキャリア、人生、人間関係面でせっせと積み重ねてきたものを根底から崩されたら、誰だって憎悪を抱かずにはいられないはずです。

一般的に、「破壊者の陰謀」は3歳くらいで形成されます。それは3歳当時の自我による、きわめて原始的なエゴの防衛にほかなりません。にもかかわらず、その破壊力は絶大です。それまでの投資や努力が水の泡となることで、大きな欲求不満が生まれてしまうのです。

ここで、自分にこう問いかけてみてください。「もしわかるとしたら、私はいくつの『破壊者の陰謀』を抱えているだろう?」

あなたは、自分の人生が崩壊していくのをただ黙って眺めていることもできます。でも、今ここで新たな選択を下し、「破壊者の陰謀」をすべて手放すこともできるのです。そう、あなたは≪成功≫と≪自分の人生の目的≫にコミットする道を選べます。そうすれば、自らの陰謀による罠や統治から自分自身を解放し、ひたすら前進することにコミットできるのです。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペサーノ博士

幸せの心得PDF