与える/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士癒しの原則

Wheat field against blue sky with sun

与える

与えるとは、私たちに喜ぴをもたらす愛の形です。

与えるほど、私たちは幸せになり、人生に戻ってくるものも多くなります。与えることは若さの泉であると昔から言われているように、与えると、私たちはいつまでも若々しく、生き生きと生きることができます。

与える心が開き、私たちに与えられようとしているものを感じ、受け取り、楽しむことができるのです。多くの美しい物事が常に様々なレベルで私たちに与えられているのですが、与えないと、心が開いていないので、私たちは与えられているものに気づき、それを受け取ることができません。与えることは、何が差し出されているかを私たちに気づかせてくれるのです。

与えるとエネルギーが回復します。そして与える側も受け取る側も受け取れるのです。

与えることは、問題がある時や進歩が滞っている時に流れを作り出します。逆に言えば、与えることを拒んでいる分野が何もなければ、問題を持つことはあり得ないのです。

与えることは一見、矛盾しています。与えると表面的には失うように感じますが、実は、与えると受け取ることにオープンになり、豊かさを強く実感できるようになります。

与えると枯渇したように感じる人は与えているのでなく、犠牲になっているのです。与えた後で傷ついた、あるいは拒絶されたと感じる人は、奪うために与えているのです。

与えると私たちは幸せな気持ちになり、価値や意味を見いだすことができます。与えるという態度が、人生のすばらしい活性剤であり、偉大な 癒しの原則の一つなのです。

エクササイズ

  • 誰に与えることを求められていますか。
  • 彼らに何を与えることが求められているのでしょう。
  • 今、それをしてください。
  • あなたが持っている問題をよく見てみましょう。引 きこもり、与えることを拒んでいるのはどんな分野 ですか? 新しい選択をし、あなたが与えることを求められているものを、そして自分自身を与えてください。

 

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

%e5%b9%b8%e3%81%9b%e3%81%ae%e5%bf%83%e5%be%97pdf