言い訳をやめる/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士成功心理100

Beautiful, mystic sunrise over lake. Summertime in Mazury lake district.

Lesson26.  言い訳をやめる

 

言い訳は私たちの成功を止めてしまいます。言い訳してしまうのは、自分自身や自分の行動、または自らの状況に対して責任逃れをしている証拠です。私たちは皆、人生で失敗に終わった出来事を振り返ることができます。そして心のどこかで、つい自分にこんなことを言い聞かせようとするのです。「あのとき、もしあんな出来事が起きなければ•••…」「あのとき、もしあの人があんな行動をとらなければ……」
言い訳とは、まさにこのような発言のことです。こういった物言いをすることで、私たちは被害者の役割をずっと担おうと しています。しかし、この被害者の役割こそ、私たちから一気に力を奪ってしまう役割にほかなりません。「自分は被害者だ」 と思い込むことで、私たちは固く身構え、小さな行動しかとれなくなってしまいます。その結果、文字どおり、また比喩的にも「引きこもり」や「仕返し」に走ってしまうのです。こんなことでは、成熟や成功のための機会など失ってしまうでしょう。こうして言い訳により、私たちは 一 生を通 じて怖れにおののく、弱々しい存在になってしまうのです。それがイヤなら怖れと向き合い、それを取り除くしかありません。

ある面において、いかなる問題も「私たちに言い訳を与えるもの」ととらえることができるでしょう。私たちは問題を用いて自らの怖れを隠そうとしますが、ほとんどの場合、それは成功に対する怖れなのです。今こそそんな態度にけじめをつけ、自らの怖れに立ち向かうべきときです。このまま言い訳を続けるか、それとも成功を手にするか -私たちは自らの手で選択することができるのです。この世の誰もが問題を抱えています。しかし、成功している人びとは決して言い訳をすることがありません。彼らはきちんと責任をとり、自分で道を切り開いています。桁外れの成功には、並々ならぬ責任が伴うものなのです。

今、人生においてあなたが経験している問題をよく調べてみましょう。どんな問題でも構いません。その問題はあなたにどんな言い訳を与えてしまっているでしょうか? たとえば、あなたは「時間が足りない」という問題を抱え、それを言い訳に家族と過ごす時間を削ってはいませんか? もうそんな言い訳はやめて、成功のために新たな選択を下さなければなりません。

3つの見出し(現在の問題、言い訳、新たな選択)に従い、次表を完成させてください。「現在の問題」の欄には、現在あなたが抱えている問題を書き出しましょう。「言い訳」の欄には、あなたがその問題をどんな言い訳に使っているかを書き出します。その問題によって、あなたにできることとは何でしょうか? また、しなくてすむこととは何でしょうか? 「新たな選択」の欄には、その言い訳の代わりとなる新しい選択を書き込んでみてください。

「現在の問題」「言い訳」「新たな選択」
l.
2.
3.

次に、あなたの過去の重要な問題をいくつか調べ、それらに対して責任をとる決意を固めてください。この作業を通じて、あなたは現在自分を滞らせている「過去からの言い訳」を手放すことができます。ここで大切なのは、「責任とは反応することである。そこに罪悪感はいっさい含まれない」という事実を思い出すことです。罪悪感もまた、ただの言い訳に過ぎません。このことを踏まえたうえで、次表の3つの見出し(過去の問題、言い訳、新たな選択)の空欄を埋めてみてください。

「過去の問題」「言い訳 」「新たな選択」
l.
2.
3.

今度は同じやり方で、あなたの人生における最悪の経験を調べてみましょう。次表の3つの見出し(最悪の経験、言い訳、新たな選択)の空欄を埋めてみてください。

「最悪の経験」「言い訳」「新たな選択」
l.
2.
3.

自分の人生のあらゆる出来事を振り返ることで、あなたは自分自身の力を高めることができます。あなたさえ選択すれば、すべての出来事があなたを成功へ導く手段となりうるのです。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF