成功を遠ざけるもの/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士成功心理100

Wooden boards on the beach st sunset. Selective color

Lesson 21.  成功を遠ざけるもの

 

あなたの人生の中でうまくいっていない分野を選んでください。「その分野で、私は成功から何歩くらい遠ざかってしまっ ているだろう?」と自問してみましょう。次に、あなたにとって成功を象徴するものを選んでみてください。自分のまわりに 適当な答えが見つからなければ、想像力を使ってもよいでしょう。その「成功を象徴するもの」から、先に答えた歩数分だけ遠ざかります。歩数が多い場合は適宜10歩ごと、あるいは100歩ごとに「1歩」と数えるようにしてください。たとえば60歩の人は「 6 歩」、800歩の人は 「8 歩」 という具合になります。この手順に従えば、あなたをその分野の成功から遠ざけているものの正体を明らかにできるのです。

答えの分だけ成功から遠ざかったら、こう自問してください。「何が私を成功から遠ざけているのだろう?」。このあと、あなたの心に「ばっと思い浮かんだもの」に注目しましょう。どんなものが思い浮かんでも、自分にこう問いかけます。「私はこれにしがみついていたいのだろうか、それとも成功に向けて前進したいのだろうか?」。さらに、自分にこう訊ねてみてください。「いったい何が私を成功から遠ざけているのだろう?」。自分の成功を阻むものをすすんで手放すにつれ、あなたは前進することができるのです。
これは、あなたを滞らせているものを発見するための簡単なエクササイズです。その正体がわかれば、「その罠よりも成功の方がもっと大切だ」と確信することができるでしょう。「成功の方が大切だ」と感じることができれば、あなたは前進し続け、最終的に成功を受け入れることができるのです。しがみついているものがどんなものであれ、あなたはそれを利用して愛する人びとを攻撃し、彼らに問題を押しつけてしまっています。特に子供がいる人の場合、我が子に問題を押しつけてしまっているのです。あなたはそのことに気づいていますか? それはあなたが本当に望んでいることでしょうか? あなたはそんなことより成功を望んでいるのではありませんか?

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF