賞賛/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士癒しの原則

brilliant display of flowers

賞賛

ほめる時、私たちは評価と感謝の贈り物を他の人に与えています。他の人に肯定的な承認を与えると、彼らを身近に感じ、彼らと一緒に前に進むことができるのです。

他の人たちが気づいていない、あるいは人に言われたことのないすばらしい性質に気づき、それをユニークな方法で賞賛することは、私たちの愛から来た行為であり、彼らの贈り物に対する私たちのお返しなのです。

気づいてもらった贈り物は、受け取り、楽しんでもらえるようになります。

他の人の贈り物に気づけば気づくほど、その人たちが誰であるのかをもっと楽しむことができ、彼らもまた自分自身を認め、評価するようになるのです。こうなると、彼らはさらに自らの贈り物を表現し、楽しむようになり、贈り物によって生気を取り戻すのです。

誰かをほめると、与える側も受け取る側もいい気持ちがします。

「人を見れば自分がわかる」と言われるように、誰かの贈り物や性質に気づく時には、その贈り物や性質が自分の中にも、少なくとも可能性としてあります。

賞賛はする側も楽しいですし、また受ける側も彼らが本当は誰なのかを知って、認めてもらえたという思いで自分の存在を強く感じることができるでしょう。これは人間として私たち皆が持っている大きなニーズです。

人は賞賛されると、あなたの目の前で花開き、そして成長します。

賞賛は人生を肯定するものであり、そこにあるものすべてを祝福するものです。

 

エクササイズ

今日は、賞賛によって太陽のように他の人たちに滋養を与えましょう。

あなたのまわりの人たちに気づき、そしてほめましょう。

誰かを賞賛するために自分の枠を越 えましょう。その人はあなたを助けるために枠を越えて きてくれたのです。

誰か並はずれた人、誰かすばらしい ことをした人をほめましょう。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

 

幸せの心得PDF