贈リ物を受け取る/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士癒しの原則

Blue gift box with silver ribbon over white with clipping path.

贈リ物を受け取る

私たちの問題、恨みつらみ、痛みの下には、私たちが魂レベルで持って生まれてきた贈り物があり、私たちに活用してもらうのを待っています。人生を豊かに、楽しく、そして価値あるものにするのは、贈り物の分かちあいです。

問題を癒す最も簡単でうまくいく方法は、問題が隠し持っている贈り物を受け取ることです。問題は贈り物が出て来ないように防御するために作られたのです。贈り物を受け入れると、問題は崩壊します。私たちは贈り物で身を包み、傷ついた世界を癒すためにやってきたのです。

私たちの中にあるのは、すばらしい人生を築くのにうってつけの贈り物であり、それは過去、未来にかかわらず、あらゆる問題を乗り越えさせてくれます。

どんなチャレンジにも立ち向かうのに最適な贈り物です。生まれてきた目的という贈り物は、もともとは世界を救うためのものですが、まずは私たちの一番身近な人たちと分かちあうのです。 愛する人たちと贈り物を分かちあうことによって、彼らを罠から救い出すことができます。私たちはもともと彼らを救うと約束してやってきたのです。痛みは癒さなければ、代々引き継がれていきます。愛する人たちを痛みから救うことによって、そうした痛みや苦しみを受け継ぐ必要がなくなるのです。

贈り物の分かちあいは、そうした深いパターンを癒す最も簡単な方法の一つです。古い格言に「どの黒雲にも銀白の裏づけがある」というものがありますが、これは贈り物の真実を言い当てています。問題が大きければ大きいほど、贈り物も大きく、問題はそうした贈り物を隠すための陰謀にすぎません。私たちに必要なのは、贈り物に注意を向け、どんな状況にも贈り物という形で完璧な解決策が存在していると知っておくことだけです。

贈り物は私たちが受け取る気持ちでありさえすれば、天から受け継いだものとして私たちの中に存在しているのです。

エクササイズ

今持っている問題について考えてみましょう。それは あなたの中にある贈り物に対する防衛、あるいは気をそ らすための妨害です。問題が大きければ、贈り物も大き いということです。

心の中で贈り物への扉を開き、贈り物を抱きしめてい ると想像してください。

贈り物は何ですか。

それを持っているとどんな感じがしますか。

その贈り物を問題に関係している人たちと分かちあってください。贈り物はその状況にどんな影響を与えていますか。

もしも問題が完全に解消していないようであれば、その問題には別の層があるという意味です。心の奥深くに再び戻り、別の扉の前に立ちます。この扉は問題の別のレベルに対処する贈り物を隠しています。その扉を開き、贈り物を受け取ります。

今の状況を助けるために、天はあなたにどんな贈り物を与えたいのでしょうか。その贈り物を受け取り、あなたと他の人たちのためにも贈り物がもっと増えるように分かちあいましょう。

今度は、あなたが他の人たちによって傷つけられ、痛みを感じた時に戻ってみましょう。あなたが彼らに与えると約束した贈り物は何ですか。

心の中に戻り、贈り物があなたを待っている扉を見 つけましょう。その扉を開き、贈り物を抱擁しましょ う。そしてその状況にいる人たちに、それぞれ必要と している贈り物を与えている自分を見てください。彼 らはあなたにどんな様子で応えていますか。彼らはあなたのためにどんな贈り物を持っているのでしょう。

天は、彼らにあなたを通してどんな贈り物を渡そうと しているのでしょう。また彼らを通して、天はあなたに どんな贈り物を与えようとしているのでしょう。

こうした贈り物をすべて与え受け取ってください。

贈り物がこうして分かちあわれた今、状況にどんな変化が起きていますか。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF