ミラクル/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士癒しの原則

ミラクル

ミラクル

 

ミラクルは時間と空間の法則を越える神の行為です。それは神の愛から生じるものです。

ミラクルは他の人に伝えてもらうために私たちの愛を使います。

また、ミラクルは与える者と受け取る者の両者を変容します。

ミラクルは神の子として私たちが受け継いだものです。そしてこの財産を、自分とまわりの人の状況を共に向上させるために使うことができます。

ミラクルは時間を節約します。それはまず、愛ではないものはすべて愛を求める叫びであるという認識で始まり、ニーズに対しては、神の愛にその状況をより高次の形に変容してもらうよう切望しながら、私たちの愛を与えることができると認識することです。

どんな問題や状況でも、ミラクルをお願いできるのです。

ミラクルとは、物事をもっとよくするために自分だけに頼る必要はなく、すべてのパワーと愛の源に戻ることができるという認識です。

子供の時に全面的に依存していたにもかかわらず、私たちは徐々に自立してきました。自立を学ぶと、次はよいパートナーになる方法を学び、最終的にはよきチーム・プレーヤーになる方法を学びます。

進化の最終段階は霊的なものです。そこではあらゆるニーズを満たすために、私たちは愛にあふれる父なる神に完全に頼る、いわゆる霊的な依存の状態になります。

これで成長の周期としては1 周し、スタートした地点に戻ったわけですが、螺旋のように上昇しているので、全体として以前より成熟しています。

いったんマスタリーや悟りのレベルに達すると、私たちは常に霊的絶対依存と恩恵をよりどころに、どんな問題にも対処することができるようになります。

しかし今のところ、ミラクルを使うことができるのは、自分一人で物事をしようとしている愚かさに気づいた時です。

恩恵は、 私たちを通してあらゆることをいとも簡単に成し遂げてくれるのです。

 

エクササイズ

 

問題を一つ選んでください。

それに関するあらゆる判断、恨みつらみを手放してください。

その状況におけるニーズを見て、愛を持って応えてください。

天の助けを求めてください。

いかなる判断もぬぐい去り、ミラクルへの道が開かれるよう、浄化や癒しのためにひらめいたことは何でもしてください。

するとミラクルの意識に入り、ミラクルを必要としているどんな状況にも対応する手助けとなります。

そしてあなたが神の子であり、あらゆるいいことにふさわしいことを思い出してください。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF