完全さ/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士癒しの原則

close up of colorful flowers

完全さ

 

完全さは何も必要とせず、従って何も要求しません。

自らの中で完全な状態なので、コントロールする必要がなく、決して腹を立てることがありません。怖れることもなんらなく、常に絆があり、理解し、そして意欲があるだけです。

完全さは、自らで十分満たされている状態なので、ただ与え、分かちあいたいだけです。そして、分かちあうことによってさらに高まるものです。

完全さはセンターにいるということであり、遊び心があり、癒し、輝き、共振するので、センターにいない人も自らのセンターヘと向かい始めます。

完全さとは、完全さの典型である神によって私たちがどのように作られたかを思い起こすことです。

完全さは私たちが完全であり、最も深いレベルでは何もするべきことはなく、終わらせるべきこともなく、そして進展させるべきこともないという認識です。この認識は悟りです。

完全さは恩恵の通り道であり、愛と喜びの土台です。すべての二ーズは自己概念から生じ、従って容易に手放すことができるという認識です。

完全さは私たちがスピリット、パワー、 そして神の子という贈り物と同一であることを教えてくれます。

 

エクササイズ

 

今日は、あなたの完全さを覚えていてください。それはスピリットとしてのあなたの一面です。

神によって創造されたあなたは、スピリットであり、愛の精霊の一部です。ですから、あなたが今日必要とするものは何もないのです。

本当のあなたは誰であったのか、思い出してください。そして平和でいてください。恩恵と光を楽しんでください。

今日を、何かしなければならないことは一つもない日にしましょう。もし何かをするよう求められているなら、あなたとあなたの完全さを通して恩恵にそれをさせてあげてください。

完全さを信頼してリラックスしてください。すべての葛藤の下にまだ完全さは存在しているのですから。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF