感謝/ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士癒しの原則

pink rose

感謝

どんな状況においても前に進んでいない時には、感謝が人生に流れをもたらします。

感謝は私たちの正しさ、頑固さ、責め、怖れを解消し、私たちを再び前に進ませてくれます。

感謝はつながりの扉を開き、親密感を回復させます。退屈、死んだような感覚、引きこもり、ケンカの真っ只中に温かさと流れを再び作り出します。

病気、恨みつらみ、あるいは罪悪感で停滞している時には、どんな状況であろうと感謝が愛をもたらし、その愛を通して人生が再びポジティブな方法で展開し始めます。他の人たちに対する感謝を復活させるにつれ、感謝は自分自身への贈り物となります。

感謝は物事を正しい位置関係に戻し、そこでは自分もまわりの人たちも皆、祝福されているとわかるのです。感謝は再び私たちを人間関係の本質へと開くので、まわりの人たちに対する最善の態度といえます。人生や他の人たちとのつながりにやさしさをもたらし、目の前にある盟かさを思い出させてくれます。

感謝は私たちに完全さや自信を取り戻させ、人生を味わえるようにしてくれるのです。感謝は私たちが受け取ったものを忘れず、そのおかげで私たちは再び受け取り、楽しむことができるのです。

感謝は犠牲、自立、依存の役割を改め、その結果、私たちはバランスを取り戻すことができます。人生で他の人たちが担ってくれた物事に対し感謝は正当な評価を与え、それにより私たちも他の人たちからの承認を受け取れるのです。

私たちの人生でネガテイプな役割をしているように思われる人たちでさえ、感謝に値します。彼らは、私たちの中に隠れている、癒しが必要なネガテイプな部分を示しています。彼らがいなければ、私たちはそのネガテイプな部分に気づくこともなく、それは姿を変えてずっと膿を持ち続けることになるでしょう。

感謝を通して、私たちはいかに世界が価値あるものかを認め、そのことで私たち自身も価値があるのだと承認することができるのです。

エクササイズ

あなたの人生で停滞していると感じている分野を考え てみましょう。

人生であなたが感謝を感じていることを、一つひとつ味わいながら、箇条書きにしてください。

あ なたの中に流れができ、再び前に進み始めたと感じても、引き続きこれをやってください。そしてあなたにそれほ どまでに与えてくれている人たちに感謝しましょう。

あなたの人生で停滞している人間関係をあげてください。

この人に関し、あなたが感謝を感じていることをすべてリストにしましょう。少なくとも一つは感謝していることがあるはずです。これがあなたを再びやる気にさせ、その人とのパートナーシップも回復させることがで きます。

ビジョン心理学創始者 チャック・スペザーノ博士

幸せの心得PDF