コーチングを受ける10のメリットと17の効果例

コーチングを受ける10のメリットと17の効果例

コーチングには、たくさんのメリットがあります。コーチングを受けることによって、様々なメッリットを享受することができます。

特に、自分で問題を解決できるようになれる力が身につくことが最大の結果であり、魅力になります。

コーチはそのために適切な投げかけを行い、クライアント本人が自分の内側から答えを導き出すことができるようになれるよう寄り添うことが大切です。

ここでは、コーチングのメリットについて見ていきましょう。

1. コーチングのメリット 10選

コーチングのメリットは様々ありますが、ここでは10のメリットを集めました。

  • より早く確実に目標を達成させられるようになります
  • 目標が明確になり、積極的に行動できるようになります
  • 自分の強みをさらに伸ばすことができます
  • 様々な角度から物事を考察できるようになります
  • ものの見方に柔軟性が持てるようになります
  • やる気が湧き、自発的に取り組むことができるになります
  • 結果から学ぶことができるようになります
  • コミュニケーションに自信がつきます
  • セルフコーチングができるようになります
  • リーダーシップが養えます

2. コーチングに期待する 17例

クライアントがコーチングを受ける理由は、「よくなりたい」という思いからです。

今よりも良くなりたい、という思いがその本質にありますが、改善したい表面化された欲求は、クライアントの数だけ様々あります。

ここではコーチングに期待する具体例を確認していきましょう。

  • 自分の強みを見つけたい
  • 好きなことを見つけたい
  • 規則正しく生活したい(不規則な生活を改善したい)
  • コミュニケーションを円滑にしたい(上司・同僚・部下)・
  • リーダーシップをとれるようになりたい
  • 営業成績を上げたい
  • 次なるビジョンを見出したい
  • 人の目を気にせず、自分らしく行動したい
  • リーダーシップをとれるようになりたい
  • やる気が起こらない状態を克服したい
  • ダイエットしたいので計画・管理をしたい
  • あがり症を克服したい
  • 起業して成功したい
  • 試合で100%の力を発揮したい
  • 良いコーチになりたい
  • パートナーシップを改善したい
  • 親子関係を改善したい

3. コーチングで、なりたい自分に近づく

コーチからの適切な投げかけによって、新しい気づきを得ます。新しい気づきによって、考え方が変わり、それに向かう意識が変わり、それをするための行動が変わってきます。

コーチングによる的確な質問力によって、脳をフルパワーで使いこなすことができます。新しい気づきによって、今まで使ってこなかった脳を使うことになります。

実は、これが最大のメリットになります。脳が変わり、行動が変わることで、自ずと「なりたい自分」に近づきます。

3-1. 脳が変わると結果が変わる

ダイエットを例にすると、わかりやすいと思います。

コーチングでは、直接ジムに行ってトレーニングを指導するわけではありません。ダイエット食品を売るわけでもありません。

ただセッションをすることによって、クライアントにとってダイエットに対するベストな考え方を提案しているにすぎません。

クライアント本人が、自らの気づきの中で自発的に行動を変えていく過程に寄り添っていきます。それが結果として、今まで挫折していたことから抜け出して、ダイエットができるようになるわけです。

4. コーチングの良い点とは?

コーチングは、育てるための一つの方法です。

この「育てる」という意味は、人には「達成したい」と思う欲求や目標があり、そこに早く到達できるようにサポートする、ということになります。

コーチはクライアントが抱く目標に対して、さまざまな方法で早く達成することができるように、個人の強みを活かしながら、クライアント本来もっている能力と可能性を最大限に発揮できるように促すことが大切です。

その過程では、クライアント自らに考えさせ、取るべき手段を引き出すサポートをしていくことが求められます。

4-1. コーチングはコミュニケーションサポート

コーチは、クライアントが望む将来の姿に向かって、クライアント自身が本来持っている能力や可能性を最大限に発揮させます。

そして、クライアントがゴールを達成できるように、コーチとともに答えを見つけ出し、それを実現していくプロセスを共有することが重要です。

4-2. コーチングの効果はさまざま

スポーツであれば、パフォーマンスが上がることがコーチングに求めることになります。システムエンジニア(SE)ならば、プログラミングのスキルやスピードが向上することになります。

仕事やビジネスであれば、営業や専門職などのスキルが上がったり、営業成績が伸びることになります。 また、精神面での成長といったことも、コーチングに期待される要素として考えられることができます。

4-3. よく話すよりも、よく話を聴く

コーチの醍醐味は、クライアントが考えて答えを導き出せるような質問をし、その通りクライアントが気づきを得たときでしょう。

一方では、コーチの仕事はアドバイスすることではなく、クライアントの話をしっかり聴き、受け止めることです。

クライアントの考え方や思いを承認したり、積極的に相手の話を聴く力などを積極的に取り入れて、クライアントが望む目標をより早く、より多く達成できるようサポートすることです。

4-4. 評価を自らが下すことができる

私たちは子どもの頃から、家庭や学校、会社などで、教えられたとおりにできると、高い評価をもらってきました。 その意味するところは、「答えはいつも自分以外の誰かがもっている」ということです。評価を他人に委ねて生活してきました。

しかし、こういった考え方は、「自ら考えて行動する」ことが求められるこれからの社会には適さない評価になります。

自ら考えて行動できる自立した人を求める時代には、そういった人材が育つ教育方法や導き方が必要になります。

コーチングではモチベーションを重視する

コーチングでは、モチベーションを重視します。モチベーションとは、進んで行動できる動機づけのことです。

人が自ら学んで、成長していけるような環境を創り出差なければなりません。個人の才能を伸ばし、自ら問題を解決していけることを目的とします。

コーチングは、まさにこれらが可能なアプローチになります。

コーチングは、目標を達成させたり、パフォーマンスがさらに上がることを目指します。クライアントを勇気づけて、やる気を引き出し、自発的な行動を促します。

まとめ

コーチングを受けると、クライアントは大きな気づきを得ます。

コーチによる的確な投げかけによって、今までの自分にはない発想で脳が活性化され、そして新しい一歩を歩み出せるわけです。

クライアントは繰り返し行われるコーチとのセッションを通じて、質問の答えを探ります。コーチングの基本は、答えはクライアント自身が持っているため、新しいアイデアを与えるのではなく、自らの内側にあるコアの声に耳を傾ける訓練をしていきます。

その過程で、クライアントは心の声を言葉で発し、それを自らの耳で聴くという工程を辿ります。

実は、このことが「変化」や「成長」に大きな影響を与えます。

自問自答し、それを耳で聴きます。セッションによっては、絵やツールを使うので、目でも確認します。五感を使って、深く感じていきます。

この作業がコーチングにとって、とても大切な要素になり、すなわちそれは、コーチングによって、クライアントが期待する将来の姿に近づくことができます。

MFBtestバナー2